HOME > 家づくりの作法 > 木造住宅耐震診断・補強設計

家づくりの作法

木造住宅耐震診断・補強設計

耐震診断・補強設計

※既存の木造住宅の耐震性を評価するために、耐震診断を行います。また診断結果をもとに、耐震性を確保するための補強設計を行うこともできます。

◆建物資料の用意
既存建物の間取りや築年数などがわかる資料をご用意ください。特に建設当時の「確認申請書」「完了検査済証」などがありますと、正確な診断を行うことができます。
◆現地調査の依頼
お預かりした資料をもとに、対象建物の現地調査を行います。主に間取りを把握するための柱や壁、窓の位置を確認します。また床下や天井裏を覗きこみ、基礎や梁の状態や筋違い・火打ちなどの位置を確認します。内外装の仕上げについては種類や劣化状況を調査します。
◆調査報告書・耐震診断書の作成
現地調査の内容を報告書にまとめます。また調査結果をもとに、専用ソフトを用いて耐震性を評価し、耐震診断書を作成します。これら資料を用いて、お客様に既存建物の耐震性についてご説明致します。
◆補強計画の作成
上記の「耐震診断書の作成」までで業務を終えることも可能ですが、耐震性を向上させ安心した住まいにしたいというお客様」には、壁や筋違い等による補強計画の作成を行います。リバーランド建築設計室では法律で定める「上部構造評点1.0以上」を満たすための補強計画を作成します。補強計画は専用ソフトを用いて耐震性を評価し、補強提案書を作成します。
◆補強計画の作成
補強提案書にまとめられた補強計画にもとづき補強工事の手配も行います。また補強工事が計画どおりに正しく行われているか確認するため、工事監理を行います。実際には工事開始し壁等を取り壊してみると、現地調査では見えなかった不具合(柱・梁のそりや腐食など)がある場合があります。その際は補強計画を見直し、補強工事に反映させます。このように工事と補強計画を行き来するケースもありますので、補強計画の作成と工事監理はセットでご依頼ください。
◆自治体への補助金申請
建物が建つ地方自治体によっては、耐震診断・補強計画の作成や、工事監理・補強工事に対して、補助金を交付している場合があります。その場合は、地方自治体への補助金申請を行います。ただし、地方自治体によっては、補助金を交付する対象として「地方自治体で定めた耐震診断員が行った耐震診断・補強計画・工事監理・工事のみ」に限定している場合がありますので、補助金の申請をご希望の方は、依頼する前に一度ご相談ください。

申し込み方法

電話、メール、お問い合わせページのいづれかをご利用ください。

  耐震診断 補強設計 工事監理
内容 ・既存建物現地調査
・既存建物図面作成
・現地調査報告書作成
・耐震診断書作成
補強提案書作成 補強工事監理
料金 10万円(税別) 20万円(税別) 10万円(税別)

※リバーランド建築設計室は「愛知県木造住宅等耐震診断登録員」登録事務所ですので、愛知県にお住まいで耐震診断・補強設計をご希望される方は、愛知県への補助金申請を行えます。その他地方自治体による補助金の申請をご希望の方は、依頼する前にご相談ください。

※耐震診断・補強設計と同時に住宅リフォームを行う場合は、別途住宅リフォーム設計料がかかります。

※東海三県(愛知県・岐阜県・三重県)の方は調査時の交通費を含みます。より遠方の方は別途、交通費を請求致します。


このページのトップへ