HOME > DIY+ ちいさな暮らし > アーカイブ > 2016年4月

DIY+ ちいさな暮らし 2016年4月

山桜

IMG_20160319_161324.jpg

サクラは、日本神話にある「木花開耶姫」(コノハナノサクヤヒメ)が語源と言われ、花の美しさからこの姫に例えられ「佐久良(サクラ)」と変化したそうです。

山に自生している「ヤマザクラ」は、建築の材料としての流出量が少ないため限定されてしまいます。
一般に、家具やフローリングとして使われている「サクラ」と言われるものは「カバザクラ」です。
「カバザクラ」は淡い色彩の木目をもちナチュラルテイストを好む方に人気です。
(写真は自宅のサクラのキッチンです。)

お家を冷えのない構造にすること

IMG_20160313_152005_1.jpgume.jpg

梅まつりの季節になりました。♪
暖かい日が続いたり冷え込んだり。

お家の中でも冷えや温度差があると体調を崩しますね。
お部屋の上のほうは暑いけれども足元は冷えるとか。
トイレなど寒い部屋もあります。

家全体を冷えのないような構造にすれば快適に過ごせますし省エネにもなります。
冬は室内の暖かさを逃さず、夏は外の厚さを伝えにくくする「断熱計画」が必須となります。

日々の暮らしの中では窓廻りの断熱が大切だと思います。
カーテン
スクリーン
雨戸
ガラスフィルム
など。

窓廻りの冷気を防いで温度も下がりにくくする対策を。
靴下を一枚余分にはく、とかも・・・。♪

段差のないバリフリーは当たり前ですが、温度差のないバリアフリーを考えることは健康面からもとても大切なことなのです。
どうぞ皆さまの毎日が健康で楽しく素晴らしいものでありますように。confident

インテリアコーディネーター
アトリエ+eのおすすめ本。「万病を治す冷え取り健康法」進藤義晴著 農文協

ストーブのある暮らし

IMG_20160304_163237_4.jpg

小さなストーブ「アラジン」を使いはじめて5年になります。
はじめは給油タンクも小さいしメンテなど手間もかかるしたいへんかな・・・、と思いました。coldsweats01

今ではキッチンの片隅に補助暖房として愛用しています。
青い炎は美しく輻射熱でほっこり温かいです。heart01

焼き芋(水で濡らした新聞紙にアルミホイル)
黒豆
おでん
など料理にも大活躍します。!!!

1930年代 イギリスの石油ストーブ シンプルでレトロなデザイン
80年以上も基本的なデザインを変えずに作り続けられている伝統的なストーブ

シンプルなデザインはロングライフデザイン。
何年経っても飽きることもなくシンプルなデザインを継続していく素晴らしさに感動します!happy01

1

« 2016年2月 | メインページ | アーカイブ | 2016年5月 »

このページのトップへ