HOME > DIY+ ちいさな暮らし

DIY+ ちいさな暮らし

ふるカフェ

美濃市の古民家カフェ「PowPow」に行ってきました。
土間と格子戸(ガラス障子)がステキなカフェです。

IMG_20160513_135253.jpg

そこには私の知り合いの「ゆりさん」デザインのシンプルな小椅子があります。
「COISL」2010年度グッドデザイン賞受賞
http://www.ndstyle.jp
「COISL」コイスルと呼びます。
「恋する」にかけているのかな?

20151107kinoie_4.jpg

赤いソファは「SIESTA」(シエスタ)です。
イタリア語でお昼寝~♪
愛嬌のあるデザインですね。
2012年度 グッドデザイン賞受賞
http://www.ndstyle.jp/

IMG_20160513_140249.jpg

ステキなひと時。
至福の時間。

IMG_20160513_140535.jpg



山桜

IMG_20160319_161324.jpg

サクラは、日本神話にある「木花開耶姫」(コノハナノサクヤヒメ)が語源と言われ、花の美しさからこの姫に例えられ「佐久良(サクラ)」と変化したそうです。

山に自生している「ヤマザクラ」は、建築の材料としての流出量が少ないため限定されてしまいます。
一般に、家具やフローリングとして使われている「サクラ」と言われるものは「カバザクラ」です。
「カバザクラ」は淡い色彩の木目をもちナチュラルテイストを好む方に人気です。
(写真は自宅のサクラのキッチンです。)

お家を冷えのない構造にすること

IMG_20160313_152005_1.jpgume.jpg

梅まつりの季節になりました。♪
暖かい日が続いたり冷え込んだり。

お家の中でも冷えや温度差があると体調を崩しますね。
お部屋の上のほうは暑いけれども足元は冷えるとか。
トイレなど寒い部屋もあります。

家全体を冷えのないような構造にすれば快適に過ごせますし省エネにもなります。
冬は室内の暖かさを逃さず、夏は外の厚さを伝えにくくする「断熱計画」が必須となります。

日々の暮らしの中では窓廻りの断熱が大切だと思います。
カーテン
スクリーン
雨戸
ガラスフィルム
など。

窓廻りの冷気を防いで温度も下がりにくくする対策を。
靴下を一枚余分にはく、とかも・・・。♪

段差のないバリフリーは当たり前ですが、温度差のないバリアフリーを考えることは健康面からもとても大切なことなのです。
どうぞ皆さまの毎日が健康で楽しく素晴らしいものでありますように。confident

インテリアコーディネーター
アトリエ+eのおすすめ本。「万病を治す冷え取り健康法」進藤義晴著 農文協

ストーブのある暮らし

IMG_20160304_163237_4.jpg

小さなストーブ「アラジン」を使いはじめて5年になります。
はじめは給油タンクも小さいしメンテなど手間もかかるしたいへんかな・・・、と思いました。coldsweats01

今ではキッチンの片隅に補助暖房として愛用しています。
青い炎は美しく輻射熱でほっこり温かいです。heart01

焼き芋(水で濡らした新聞紙にアルミホイル)
黒豆
おでん
など料理にも大活躍します。!!!

1930年代 イギリスの石油ストーブ シンプルでレトロなデザイン
80年以上も基本的なデザインを変えずに作り続けられている伝統的なストーブ

シンプルなデザインはロングライフデザイン。
何年経っても飽きることもなくシンプルなデザインを継続していく素晴らしさに感動します!happy01

DIY教室~珪藻土塗り

emi100.jpg

「DIY教室~珪藻土塗り」
トイレの珪藻土塗りは本当におすすめです。
築28年の我が家は小便器もあり消臭剤が手放せませんでした。
珪藻土を塗り空気が変わりました。
土壁が臭いも湿気も吸い取ってくれるのでとても気持ちが良いのです。
下地がタイルなら簡単です、そのまま塗れます。
一回塗りだと下地が薄く透けて見えますが、それもオッケーだと思います。
二度塗りすれば完璧です。
クロスなら剥がして下地にNGUを塗り乾いてから珪藻土で本塗りします。
自然素材の木や土は呼吸をして湿度も調整してくれるのですね。
まずはトイレなど~お家の小さなところから、DIYをはじめてみませんか~♪♪

DIY+小さな暮らし

01987950d61e72fe415fda638f5161e53a95ab6f16.jpg

「DIY+小さな暮らし」
シンプルに丁寧に暮らすこと。
皆様とご一緒に考えていけたらと思います。
昨年は福祉住環境について学びました。
高齢者や子どもたちにとってやさしい住まいはすべての人にとってやさしい住環境であると実感しています。
今年は得意なDIYの分野も提案させていただきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
アトリエ+e 吉田えみ子

IMG_0761emi.jpg

立春

IMG_5032.JPG

「立春」
新しい年を迎えお喜び申し上げます。
幸多き一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。
Peace begins with me.
2016年~立春

1枚のテーブルクロスから始めよう

degoiti.jpg

岐阜県高山市清見町のカフェ「でごイチ」さんのテーブルです。地元のオークビレッジ社製の無垢板1枚板のテーブル。テーブルセンターにはランナーが敷いてありました。1枚のテーブルクロスからインテリアコーディネーションが始まります。

新月の木の物語

mori_1.jpg

新月の木の物語

新月に切った木は、腐りにくく、割れやねじれも出にくい良い材料になるのです。
秋から冬の4カ月の間に水分と養分が少ない新月の時期に切った木を枝葉を残し切り倒したまま山で葉枯らし乾燥する。
春になったら製材し乾燥させた木材で家を建てると長持ちする良い家ができるという話があるのです。(菜園ノートより)

リバーランド建築設計室では実際に新月の木でお家を建てられたおじいさんとおばあさんの素敵な物語があります。♪

1

アーカイブ

このページのトップへ