HOME > Woody NOTE 木が大好きな仲間の雑記帳 > アーカイブ > 2015年10月

Woody NOTE 木が大好きな仲間の雑記帳 2015年10月

シンプルな住まい

nanzenzi_1.jpg
nanzenzi_2.jpg
住宅の設計をする際には、まず、お客様のご要望をお聞きします。
その時に考えることがあります。
お客様のご要望はとても大切ですが、それを幕ノ内弁当のように体裁よく詰め込みさえすればいいのか?ということです。
ご要望をすべてお聞きすれば、大概は大きくなりがちになります。
リバーランド建築設計室は、大きすぎず小さすぎない「ちょうどいいサイズ」の住まいをご提案しています。
「ちょうどいいサイズ」を考える時に、禅寺の石庭を思い浮かべます。

育苗

hayamirinsan.jpg

先日の木の家スクール名古屋のフィールドワークで見学した速水林産さんの育苗床です。
速水林産さんの森林の見学でもう一つの発見がありました。
今までは木を切り出す前の森林の見学はしましたが、木の苗を育てているところを見たことはありませんでした。
ここでは木を切り出すだけではなく、木の苗を自社で自らの手で育てているのです。
しかも育苗専門の人がいるわけではなく、他の作業をしている人が兼任でされているとのことです。
さし木の方法、育て方は試行錯誤の繰り返しだそうです。
そしてコスト意識が徹底していることです。
苗床は、CBや木の板で作られており山土が床としてあり、そこにさし木のポットを並びよく植えられていました。
ポットは植えると自然に帰る素材でできており、そのまま山に植林できます。

「木が大好きな仲間たち」をご紹介します。

mamichisan.jpg
木が大好きな仲間たちをご紹介します。
建築士の資格を持ちながら、実家のお寺の跡を継がれている「のり坊主」さんです。confident
これから毎月1回このページに寄稿していただきます。

自己紹介
ニックネーム:のり坊主confident
出身:岐阜県本巣郡
年齢:1982年生まれ
はじめまして。伊藤先生からブログの依頼をいただき、迷わず「書かせていただきます!」とひとつ返事をしたのですが、・・・
今は皆さん、それぞれにブログなど書かれてるのを見るとおもしろくて自信がない自分がいます。coldsweats01
なんとか自分なりに発信していこうと思うので、どうかお付き合いください。

伊藤先生との出会いは、2級建築士の資格を取るために通っていた学校で、私が生徒として通っていました。
私はなんとか先生のおかげで合格し、資格を取得できたのですが、今は建築関係に携わっているわけでもなく、仏道の道を歩んでいます。
実家がお寺ということもあり、僧侶になりましたconfident

そして、現在、お寺で毎月第一日曜日に「日曜学校」を開いており、伊藤先生は毎月参加してくださっています。
これからブログを書かせていただくのですが、仏教の事もお伝えできればと思っています。wink
よろしくお願いします。catface

2015.10.17 のり坊主confident


1

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »

このページのトップへ